秘密結社とは秘密裏に行うものではなく

​宇宙の法の秘密を追求し

​それで結ばれるモノ達を指す

主宰 東出 融

​ひがしで とおる

​甲賀と伊賀の二重スパイで、とてつもない祖母・母親の愛を受ける。

3歳から北海道を毎朝裸足でランニングさせられ、

同時に空手・バレエを習わされ、9歳からは北大の山岳部とともに 北海道の全ての山を登り尽す。

そこで育った叡智がブロードウェイ振り付け助手時期に役立つも大きな怪我をし2年間車椅子生活。

筋肉一つ一つに語りかけるなど独自の治療・研究により分かった身体の使い方をもとに、全き新しい発想でバレエスタジオを主宰。

 

しかし、多くの生徒を抱えながらも身体研究に飽き足らず野生動物の筋肉や骨の動き、出産における新生児の動きなど徹底的に身体構造を追求する。

一時期天狗になったものの、山伏の先生との出会いにより見事に鼻をへし折られる。

​そこで魂の志事としての「あらえびす」の活動が始まり、それをベースに顕在意識・潜在意識・魂意識を結ぶ身体ワーク及び、社会創りに人生を捧げる。

これまでの数世紀間、人類の魂は教育によって受動的になった時代だった。

そしてそのことは必然的なことだった。

 

それによって自然科学が偉大な成果をあげることができるようになった。

そしてこれから、この自然科学の先にある霊学こそが偉大な成果をあげたとき

人類は宇宙と一つになれるのだ。

ハイエンド ホモ・サピエンス研究所では人類の身体をテクノロジー化し

自然界と同じ自由を人類社会にて獲得する。

何故ならそこには受動態と能動態の融合による完璧な垂直方向への

人類進化のタオへの入り口があるから。